オンライン・ショッピング

小松茂美著作集

商品詳細

14 日本絵巻史論・絵画工芸随考・古筆学への道(著作集29~33) / 1セット・5冊
¥90,000
  • 日本絵巻史論
    • 第一章 王朝絵巻と後白河院―「源氏物語絵巻」の周辺
    • 第二章 「源氏物語絵巻」の成立
    • 第三章 「源氏物語絵巻」の制作年代―詞書の立場から
    • 第四章 「源氏物語絵巻」詞書『蛍』の巻断簡の新発見をめぐって
    • 第五章 源氏絵間紙可調進―『長秋記』の読解をめぐって
    • 第六章 徳川本源氏絵巻の住吉家模本の新発見
    • 第七章 別本「源氏物語絵巻」について
    • 第八章 「寝覚物語絵巻」の復原
    • 第九章 「紫式部日記絵詞」―中宮竴子の後宮
    • 第十章 「狭衣物語絵巻」―二つの模本とその価値
    • 第十一章 二つの「住吉物語絵巻」
    • 第十二章 「小野雪見御幸絵巻」考
    • 第十三章 「駒競行幸絵巻」の復原
    • 第十四章 「伊勢物語絵巻」新考
    • 第十五章 料紙の装飾と詞書の書風―「葉月物語絵巻」「枕草子絵詞」「隆房卿艶詞絵巻」の場合
    • 第十六章 王朝の女性たちと「女絵」の世界
    • 第十七章 「直幹申文絵詞」をめぐって
    • 第十八章 「奈与竹物語絵巻」管見
    • 第十九章 「西行物語絵巻」―西行遁世の歎美
    • 第二十章 海田采女佑本「西行法師行状絵巻」の伝流
    • 第二十一章 「伴大納言絵詞」成立の周辺と背景
    • 第二十二章 「吉備大臣入唐絵巻」考証
    • 第二十三章 「信貴山縁起」の周辺
    • 第二十四章 「絵巻」に映した虚像と実像―「長谷雄草紙」と「絵師草紙」
    • 第二十五章 世尊寺流の盛衰―「長谷雄草紙」の詞書をめぐって
    • 第二十六章 「絵師草紙」考
    • 第二十七章 「男衾三郎絵詞」と「伊勢新名所絵歌合」―伝土佐隆相筆の二つの絵巻
    • 第二十八章 飢餓・地獄・病草子と六道絵
    • 第二十九章 六道を描く絵巻―輪廻のすがた
    • 第三十章 経典絵巻の誕生―変文・変相がたどった道
    • 第三十一章 蒙古襲来絵詞―従軍記録画の制作
    • 第三十二章 平治物語絵詞―戦乱追憶と絵巻化
    • 第三十三章 「前九年合戦絵詞」「平治物語絵巻」「結城合戦絵詞」―合戦絵巻の流行
    • 第三十四章 後三年合戦絵詞―制作スタッフを追う
    • 第三十五章 林原美術館蔵「平家物語絵巻」のすべて
    • 第三十六章 「年中行事絵巻」誕生
    • 第三十七章 「似絵」の絵巻―「随身庭騎絵巻」「中殿御会図」「公家列影図」「天子摂関御影」について
    • 第三十八章 「粉河寺縁起」―縁起絵の萌芽
    • 第三十九章 「当麻曼荼羅縁起」と「稚児観音縁起」―その成立の事情を推定する
    • 第四十章 「北野天神縁起」―制作の裏面を推理する
    • 第四十一章 「松崎天神縁起」―従五位下土師信定の勧進
    • 第四十二章 「石山寺縁起」―西園寺門葉栄華の報賽
    • 第四十三章 「地蔵菩薩霊験記」諸本の展開
    • 第四十四章 「山王霊験記」の盛行(第四十五・四十六・四十七章は編成上割愛)
    • 第四十八章 「春日権現験記絵」―制作の背景をさぐる
    • 第四十九章 「桑実寺縁起」「道成寺縁起」―室町公方がかかわる絵巻
    • 第五十章 天文年中における東大寺の絵巻づくり
    • 第五十一章 「華厳宗祖師絵伝」の制作の背景―明恵の新羅僧二人への追慕
    • 第五十二章 東征伝絵巻―高僧伝絵の制作
    • 第五十三章 「法然上人絵伝」総観
    • 第五十四章 「一遍上人絵伝」―名所づくしの絵巻
    • 第五十五章 「玄奘三蔵絵」の制作―三蔵の法師・玄奘の生涯
    • 第五十六章 「弘法大師行状絵詞」―大師信仰の結実
    • 第五十七章 「慕帰絵詞」の背景をめぐって―存覚・従覚と乗専
    • 第五十八章 「融通念仏縁起」をめぐって
    • 第五十九章 「鳥獣人物戯画」―漫画の発生
    • 第六十章 彦火々出見尊絵巻の研究
    • 第六十一章 「芦引絵」の流行と享受
  • 絵画・工芸随考
  • 左大臣藤原道長の金峰山埋経
  • 古筆学への道
  • 小松茂美履歴
  • 小松茂美業績一覧